Search This Site

Categories

Archives

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Mobile World Congress 2008 ソフトバンクモバイル孫正義社長、ケータイ年間11億台>PC年間2億台、ケータイメーカーイメージ調査、着信音に環境音/ノイズサウンド/企業CMちょいメロが人気、GoogleがCleveland ClinicとHealth2.0の取り組み

10分で今日の最新モバイル動向をクリッピング!2008/2/22
カテゴリー別でリストアップしてみました。

キャリア
Mobile World Congress 2008 SoftBankMobile孫正義社長
 今年は、携帯電話がインターネットマシンに進化する
 印象的な年になるだろうと宣言。その理由を3つ
 1)アクセスピードの向上。3Gのスピードではまだ物足りないが
  HSDPAになって快適なスピードに
 2)CPUの向上。レンダリングスピードが速くなり
  PC向けWebサイトの表示もスムーズに
 3)ディズプレイサイズの進化。インターネットマシン922SHは
  フルワイドVGAの解像度であれば、ほとんどのPC向けWebサイト
  が表示できる
 4)PCは年間に2億台しか売れず、ユーザーは多くて1日に2時間
  しか使わない。しかし、ケータイは年間11億台あまりが売れ
  ユーザーはまさに24時間使う、極めてパーソナルなデバイス
 ・これは娘から送られてきた『夜、一緒に食事食べよう』
  というデコレメール
  ⇒デコメをデコメで返信できるリテラシーが必要ソフトバンクモバイル孫正義の娘から送られたデコメ
  ⇒ただソフトバンクの場合はデコメ対応よりも
   まずそもそもちゃんとメール配信ができるインフラに
   設備投資すべき。他キャリアと同様の60万通/時を早期実現
   しないと、最もケータイならでは即時性を活かした
   マーケティングがソフトバンクではできないまま。
 ・広告よりも有料課金ビジネスのほうが魅力的
  (広告ビジネスが主体である)グーグルの成長は長くは続かない
  ⇒全部無料のPC文化をただケータイに入れてもダメ
   Yahoo!ケータイのTOPメニューも1日も早く、他キャリア
   のように分かりやすい一元化されたメニューに戻すべき。
   このままじゃ、IPだけではなくユーザーも混乱したまま。
   グループ内競合をちゃんと整理必要。
   SoftBankメニューリストとヤフーコンテンツストアの競合。
   SoftBankメニューリスト公式ショッピングサイトと
   ヤフーショッピングモールの競合。ユーザー視点で考えるべき
  ⇒しかし、広告主体のビジネスモデルが通用しない訳ではない。
   広告を情報までにコンテキストを高められればいい。
   無料コーナーと有料コーナーの上手い棲み分けが必要。

端末
ネットエイジア、ケータイメーカーイメージ調査080221
 ・メーカーイメージ
  ・信頼できる −パナソニック/NEC/三菱/ソニーエクリソン
          富士通/東芝
  ・実用的   −京セラ/日立/カシオ/サンヨー
  ・国際的   −ノキア/サムスン/モトローラ
          ⇒あまり考えられてないね
  ・チャレンジャ−LG電子
  ・かっこいい −シャープ※最近躍進が目立つ
 ・端末イメージ
  ・デザイン性が高い−パナソニック/ソニー/京セラ/シャープ
 ・広告イメージ
  ・印象に残る−パナソニック
 ・不満−バッテリー/プレインストールコンテンツ
 ・薄さにこだわるユーザーが増えてきそう
  ⇒それはそうなんだけど、機能とコストと知恵次第だよね
   いつの世もユーザーは言いたい放題。消費者はワガママ
   今あるリソースをやりくりして一番いい案を出し続けるしかない

コンテンツ
20代〜30代の着信メロディ着うたダウンロード経験者意識調査
 --アイシェア
着信音設定曲
 ・無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象にしているので
  無料サイトを使いこなしているアクティブユーザーであり
  バイオスがかかっていることを考慮して読み取る必要あり
 ・通勤途中や会社など、周囲へのマナーを重視して
  20代〜30代の21.3%が『環境音、ノイズサウンド』を設定
  あまり人気がない残念な着信音は『お笑い系』1.7%
 ・次に企業CMで利用されたジングルや企業サイトで提供している
  着信メロディのダウンロード経験は47.7%
  ・その経験者の47.0%が企業のホームページからダウンロード
  ・保険会社の着信メロディが目立った
   ・アメリカンホームダイレクトのジングル
   ・アフラックのアヒルの歌や損保ジャパン
   ⇒企業が提供する"ちょいメロ"が着信音にはちょうど良い
 ・16.1%が著作権抵触サイトからダウンロード経験あり
  その71.9%が違法性を理解しながら利便性/無料を理由に利用

サービス
・Health2.0
 Google、米医療機関で個人健康記録プログラムを試験運用
 Cleveland Clinic
 ・同病院は既に10万人以上の患者の電子記録を「MyChart」
  と呼ばれる内部システムに保管していて、Googleと共有すれば
  患者はClinicの外部でも自分の健康記録を利用できるようになる
 ・同Clinicを選んだ理由は、サービスの提供者として同病院が
  既に患者がオンラインで自分の医療記録を管理し、医師とケアに
  ついて調整できるオンラインツールを提供し、患者に対して
  記録管理の自己権限を与えているから
 ・そもそも提供している医療サービスレベルが専門的に高いんですね
  心臓科は全米病院ランキング10年間連続で第一位に輝く
  世界90カ国から患者が訪問、各言語(日本語含)の無料通訳も完備
 ・プライバシーも大切だが、健康の方がより大切だ
ClevelandClinic_PatientsFirst

Comment
Write a comment








   
TrackBack URL for this article
TrackBack