Search This Site

Categories

Archives

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

情熱大陸 挟み梁工法 大工棟梁 宮内寿和氏

毎回いい刺激をもらっている情熱大陸だが、今日は

大工棟梁 宮内寿和さん

大工棟梁_宮内寿和
宮内建設ブログ


自分の家はこの人に任せたい!と心から思ってしまう大工棟梁だ。


100年、200年持つ家を造る。
その為に、1年、2年かかっても、その甲斐はある。

屋根裏に残された、名も無い大工のいい仕事。
これが勉強になる。

千年以上続く日本古来の伝統的な大工技術を継承しながら
科学的な検証にも積極的に取り組む。
大工棟梁_宮内寿和_強度検証




地元の木を活用し、半年水につけ、アクや樹液などを落とし
半年天日に干して強くする。「水中乾燥」にこだわる。
大工棟梁_宮内寿和_水中乾燥

一切金物を使わない、新しい「挟み梁工法」を生み出し
高い強度を保障する。
大工棟梁_宮内寿和_はさみ張り工法2




家具まで手造りする。
大工棟梁_宮内寿和_家具も手造り




1本も無駄にしない。
クセのある木は強い。
適材適所。
大工棟梁_宮内寿和_はさみ張り工法




0.1ミリのブレも見落とさない。
小さいブレが家全体の強度を左右する。
100年後、200年後問われる。
妥協しない。
歴史に残る家を造る。
大工棟梁_宮内寿和_全部木




徹底的な職人気質。
大工棟梁 宮内寿和

「この世の中で一番面白い仕事は大工だと思う。
 いっつもそう思う。
 こんなに面白い仕事は他にあんのかな。」


羨ましいくらい仕事が好き、なんですね。


大工棟梁_宮内寿和_完成
それにしても、この家はいい。いやー、本当に見事。まいった。
こんな大工が日本にいたんだー、と誇らしくもなっちゃうくらい嬉しい。

僕も木が好きなので。僕の家は、宮内さんにお願いしたい。
本当にそう思う。

いやー、久々にいいもの見た。感謝。

また明日へのやる気が出てきた。ありがとう!


その後、インタービュー記事を発見。
木への徹底的なこだわりが伝わります。さすがです。

モバイルについて、自分がこれだけ深くこだわれているか
負けてられない。本当にそう思う。





Comment
Write a comment








   
TrackBack URL for this article
TrackBack