Search This Site

Categories

Archives

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

リアルtoモバイルの本命FeliCaケータイの課題と改善案

先日、MMSA主催のおサイフケータイのセミナーにてお話を聞けまして
おサイフケータイ
Mr.おサイフケータイネットストラテジー代表取締役平野敦士さんと、KLab代表取締役真田哲弥さん
本質をついたぶっちゃけトークが
非常に参考になりましたので、紹介させてください。


現状のおサイフケータイの問題点と改善案

2大機能のアンバランス
・堅牢なセキュリティとタッチコミュニケーション

サービスの目的によってはどちらかに特化してもいい。
せっかくコミュニケーション端末のケータイと連携したのだから
セキュリティよりコミュニケーションの利便性にもっと焦点を絞って
サービス設計してもいい!むしろすべき!!
⇒例えば
 ic通信で電話番号など送れるけど、やったことある人?⇒数名…
 タッチし合って通信できるけど、 やったことある人?⇒数名…
 ⇒実はゲームやコミュニケーションでいろいろ応用できる
ic通信








物理的にクレジットカードを発行しなくても済むので
初期ソフトウェア開発費+運用費がかかるが、それでも
おサイフケータイだと安くなるので、浮いた物理的なカード発行費分
くらい初期に100ポイントとして付与するなど、おサイフ・ケータイ
を使う実質的なメリット・インセンティブを設計すべき
⇒逆に、Edyモバイルだと機種変で引っ越すのに100円手数料取る始末
⇒僕も今回FelicaケータイからFelicaケータイに機種変で引越しが
 意外に大変でした。ただEdy以外の、Suica、DCMX、nanaco
 バンキングアプリは機種変機能が整備されていてサクサクできる

(ここからちょっと脱線しますが・・・)

「携帯電話からケータイへ」の流れの中で

デジカメや音楽プレイヤーやゲーム機や電子辞書など使う電子部品が
だいたい一緒

だったら一緒にしようということで携帯電話に集約された
理由は5万円以上もするものがタダで配れる。
通信費で賄えるから
今までは遅くとも18〜25ヶ月で端末は循環していた
⇒短期的なユーザー利益を確保するがための販売規制で
 新端末の循環サイクルが遅れる・長くなることによって
 今までの新端末が循環することによって生れていた
 新コンテンツ・新サービスの生態系に悪影響が出始める
⇒3年後の日本のモバイル業界は低迷?
 ・端末は中国製…?
 ・ソフトウェアはGoogleに支配されちゃう…?
  ⇒日本の未来をちゃんと考えた通信政策を!!

最後はちょっと脱線しましたが、前半のFelicaケータイの問題点と
改善案は本質を突いていますね。

実際は使ってみると便利なんだけど、初めて使ってもらうのには
ハードルがある商品・サービスの場合、初期ハードルを下げることで
一気に加速度が付いて広まるケースは多々ありますよね。

リアル店舗で、もっと自然に、FeliCaケータイをかざすことに
よってアプリ⇒サイトと連携して、うまくサービス提供していき
ユーザーにもっと便利な生活を提供していきたいですね。

| 1/1PAGES |