Search This Site

Categories

Archives

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

KDDI、au2008秋冬モデル 感性型エージェントインタフェース モーションセンサー Bluetooth近距離対戦ゲーム VisualワイドVGA 8.1Mカメラ、防水ワンセグ

2008/10/27、 KDDIがau2008秋冬モデルを発表した。
感性型エージェントと近距離対戦ゲーム以外、目新しさはなく
他キャリアを追随する形となっている。
Run&Walkは有料会員数が50万を超える勢い。

キーワードとしては
・感性型エージェント
・モーションセンサー
・近距離対戦ゲーム
・VisualワイドVGA
・8.1Mカメラ⇒遂に、ケータイカメラ800万画素時代!
・防水ワンセグ

KDDIコンシューマ事業統括部長 高橋誠氏
「もう一度auらしく」――冬モデルは“映像美とスタイル”で


イチオシ端末は、全部入りのEXILIMケータイW63CA
EXILIMケータイW63CA
・デジカメ約809万画素、顔検出AF機能
・約3.1インチ VisualワイドVGA(480×800ピクセル)有機EL
・同梱のPC用ソフト「YouTube Uploader for CASIO mobile」で
 撮影した動画を簡単にYouTubeにアップロードできる

新機能としては
・au Smart Sports
 ・Run&Walkで、仲間と情報共有ができる「チーム機能」追加
 ・「Karada Manager」健康管理機能
  スポーツや食事のアドバイスを通して、目標達成をサポートする
  ・KDDIとプライムワークス共同企画で、開発はプライムワークス担当
・近距離通信で他のユーザーと対戦できる「近距離対戦ゲーム」
 ・Bluetooth活用
 ・対応端末:AQUOSケータイ W64SH
・カロリーカウンターと連携する「体感系ゲーム」
 ・モーションセンサー
 ・対応端末:AQUOSケータイW64SH、W65T
・「感性型」エージェントインタフェース
KDDI感性型エージェントインターフェイス
KDDI感性型エージェント_端末表示イメージ.jpg
 プレスリリース 
 ・KDDIとカタリスト・モバイルの共同企画、企画開発はカタリスト担当
 ・2009年1月からβ版サービス提供
 ・待受画面に設定されたキャラクターと対話型コミュニケーション
 ・端末データ(アドレス帳/着信履歴)・イベント(季節/時間/時節)と連動
 ・天気・占い・生活情報・現在位置のお勧め店舗・スケジュールなどの
  情報を、キャラクターが話す
 ・時間や履歴に応じて待受画面上のキャラクターが睡眠をしたり
  感情表現をしたりする。
  ⇒ユーザー1人1人に合わせた個別の情報をコミュニケーションする。
 ・待受キャラはユーザーの名前を覚えて話しかけてきたり
  時間に合わせて行動したりする。
  さらに、ユーザーのメールの内容や通話相手の情報を元に
  「明日は●●さんの誕生日だよ」などと教えたり
  明日の運勢や新作ゲーム、現在地の周辺情報などを知らせたりする。
 ・携帯電話に愛着を持ってもらい、ユーザーの解約を防ぐのが狙い
 ・機種変更した場合でも同じキャラクターを引き継げる
 ・au oneラボにて半年ほど無料提供し反応みながら改善⇒その後課金?
 ・エージェント機能に関して、ユーザーがどれほど受け入れるか
  どういった機能を要望するかがまだ読めないということで
  まずはベータ版サービスで実験的に公開し、今後ユーザーからの声を
  聞きながら改善を行っていく考え。
 ・対応端末:AQUOSケータイW64SH、W65T
  ・当初は加速度センサー搭載のW64SHとW65Tをサポートするが
   今後加速度センサーがなくても使えるようにする意向。
   将来的にはアプリとしてではなく端末の標準機能としての提供も検討
サービスイメージ
 ・待受け設定
感性型エージェント待受バカボン
感性型エージェント待受ゲゲゲの鬼太郎
 ・レコメンド機能
感性型エージェント天気位置情報
感性型エージェント待受占い嗜好.gif
 β版サービス提供予定キャラクター
感性型エージェントキャラクター1
感性型エージェントキャラクター2



⇒ユーザーとのコミュニケーターが1対1の発想はいいですね。
 今の待受画面のソフトプッシュ情報(EZフラッシュニュース、
 au one ガジェット)と、ゴチャゴチャしているよりは
 シンプルでいい。

 ただ、サービス名が分かりにくい。
 一言でユーザーに伝わるサービス名にした方がいい。
 「au one 待ちキャラ」(笑)

 EZフラッシュニュース・au one ガジェットとの並存など
 課題はありますが、どれだけ使われるのか注目。
 2009年1月βリリースが楽しみ。




ソフトバンクモバイル、2008/10/30(木)に2008年秋冬モデル発表

ソフトバンクモバイルも、2008/10/30(木)午後1時30分から
2008年秋冬モデル発表するようですね。
しかも、今回、ニコニコ動画で生放送予定!

ソフトバンクモバイル2008年秋冬新モデル発表inニコ動

ニコ動といえば、視聴者のリアルタイムなコメント入りで楽しめるのが
ウリだけど、コメントのリアルタイムチェックするのかな??
ちょっと見物ですね(笑)


3キャリアの2008年秋冬モデル発表予定をまとめると
・10/27(月)KDDI
・10/30(木)ソフトバンク
・11/05(水)ドコモ

新端末対応は大変だけど、楽しみですね。



ドコモ、iアプリオンライン、iアプリコール、新01Aシリーズ発表2008/11/5

ついに、ドコモから2008/11/5に、新01Aシリーズ が発表されますね。
ライブ配信されるようです。

4シリーズに再編される予定で
(1)ファッション性
(2)スリムさ
(3)動画再生などの最新機能
(4)高級感−
の特徴をそれぞれ重視した4シリーズを設定

従来のように半年ごとにフルモデルチェンジをするのではなく、シリーズごとに仕様の変更の幅が異なる見通し。最新機能重視のシリーズは機能変更を頻繁に行い端末価格も比較的高価になる。一方で、薄さやファッション性など機能面での大幅な変更が必要でない機種では“マイナーチェンジ”で済むため、価格も安くなり、メーカーも同じ型番を利用した端末を長期間販売しやすくなる。これにより、メーカーの端末事業の自由度が高まる一方、利用者も端末選択の自由度が広がり、市場が活性化すればキャリアも恩恵に預かるという構図

⇒とあるが、そんなに上手くはいかないでしょう。
 メーカーとキャリアで協力して試行錯誤が続きそうですね。
 ローカルにスタンドアローンで眠っている機能はまだまだあるので
 まだまだ機能改善、進化はできるはず。
 ガラパゴスという指摘は気にせず
 自力でまだまだ伸びるし、充実・拡大させられるはず。

例えば、その1つに
iアプリオンライン
・複数人とリアルタイム通信ができる!!⇒吉田釜ヶ迫みたいな感じ
・iアプリコール
 ・端末の電話帳と連携し、利用中のiアプリから複数人の呼出せる!
⇒対戦型・協力型ゲームの可能性が広がる!


東京ゲームショー2008展示アプリだけでも16本もある!
1 ロスト プラネット カプコン
2 首都高バトルオンライン 元気モバイル
3 対戦☆千切り 元気モバイル
4 麻雀格闘倶楽部mobile2 コナミデジタルエンタテインメント
5 クイズマジックアカデミーmobile3 コナミデジタルエンタテインメント
6 TETRIS LEAGUE ジー・モード
7 いただきストリートMOBILEどんどん開店!増築中 通信対戦版 スクウェア・エニックス
8 みんなのGOLF モバイル3 ソニー・コンピュータエンタテインメント
9 電脳戦機バーチャロン セガ
10 対戦ぷよぷよフィーバーDX セガ
11 悠久の騎士団 ドワンゴ/チュンソフト
12 風来のシレンPlatina2 ドワンゴ/チュンソフト
13 対戦☆ボンバーマン+ ハドソン
14 機動戦士ガンダムONLINE バンダイネットワークス
15 通信対戦もじぴったん(仮) バンダイナムコゲームス
16 リッジレーサーズ モバイル2 バンダイナムコゲームス
実機デモの写真レポート

その中でも特に注目なのは・・・
8人同時プレイを実現したiアプリオンライン版「機動戦士ガンダムONLINE」
iアプリオンライン機動戦士ガンダムONLINE

高度な3D映像と滑らかな動きがスゴい
音声認識機能&加速度センサーと連動すると
Wiiのように体感没入感のあるゲームができますね。

動画レポート付き


どんどん面白くなりそう♪



KDDI、2008/10/27(月)に2008年秋冬モデル発表

ようやくKDDIは10/27(月)に2008年秋冬モデル発表を確定させましたね。
告知ページ

キャラクタには、ミス・ユニバース・ジャパンの森理世、知花くらら、
美馬寛子を採用し、それぞれにブログにリンクがあり
「10/27に発表があるみたいー」的なコメントはあるけど
全然新商品については記述は少ない。

どうせやるなら、企画から関わらせて、その過程を見せてた方が
効果的な気がする。限定グッズを販売してもいい。売れそう。



Mobile Monday Tokyo 2008年ピア・アワード、総務省が携帯フィルタリングでブラックリスト方式求める、ドコモが3/31からiモードID提供、3キャリアがディズニー・モバイルとの絵文字変換、KLabが「きせかえツール」に関する利用状況調査

10分で今日の最新モバイル動向をクリッピング!2008/2/28
カテゴリー別でリストアップしてみました。

業界動向
「Mobile Monday Tokyo 2008年ピア・アワード」開催
 Winner!
 ・Academic: Students in an accredited University program
  Mobile Krishna
 ・Start-ups: Recently founded with early-stage financing
  StarGames
 ・Emerging: Operating between Series A & B funding
  J-Magic

規制
総務省が携帯フィルタリングでブラックリスト方式求める
 ・携帯各社が認定する公式サイトだけを閲覧可能とする
  「ホワイトリスト」方式から、有害サイトだけを除く
  「ブラックリスト」方式に改めるよう各社に求めた。
 ・ホワイトリスト方式では公式サイト以外のオークション、ゲーム
  携帯小説などの一般サイトにまったくアクセスできなくなるため
  携帯向けコンテンツ提供会社などから反発が広がっていた。
  ⇒まだまだレギュレーション揺れそうですね。(^^;
   総務省、キャリア、第三者機関が決めるのではなく
   ユーザーの権利と責任で、サイト別に選択できるようにすべき
 ・フィルタリング規制の動向次第で、増加傾向にあるデータARPUが
  大きく減少しフィルタリングショックによる更なる減収の可能性も

キャリア
ドコモ、3/31からiモードID提供、ログイン操作なしユーザー認証
 ・仕様は3/31に、作ろうiモードコンテンツにて仕様公開予定
  ⇒公式サイトで利用できるUIDのような仕様だと助かりますね
  ・携帯電話番号毎に1つ付与されるiモード用のユニークなID
  ・iメニューの「料金&お申込・設定」内の「オプション設定」から
   コンテンツ提供者に通知するかどうか設定可能
   ⇒初期設定では通知する
  ・サイト以外では、iチャネルやiアプリでも応用できる
  ・utn属性取得や端末製造番号通知機能は引き続き利用できる。
 ・2in1との組み合わせ利用シーンを考察
  ・AナンバーとBナンバーが別名義でもOK
  ・Bナンバーにパケット通信の定義がないため
   電話番号2つ所持しているが、Bナンバーでパケット通信はできない
  ・端末をBナンバーモードにしていてもiモード接続(パケット通信)は
   Aナンバーで行う。つまり、アプリもAモードで利用
  ・異名義の2in1端末でもモードに関わらず
   同一名義の2in1端末での通信と同じように
   IPが認識できるUIDは常にAナンバーのもので
   iモード情報料&ケータイ払い(1万/月)の課金請求もAナンバー
  ・DCMX mini、DCMX及びドコモカードの登録電話番号もAナンバー
   ⇒アプリがそもそもAナンバーのみ
  ・メッセージR及びメッセージFの受信もAナンバー
 ・広告事業、特にウェブサービス連携には追い風
  一般サイトにてもユーザーをユニークで把握しやすくなり
  複数のウェブサービスと連携するサービスを
  よりシームレスな連携がより容易になる
  ⇒将来的にはOpenID連携も考慮してもらいたい
 ・通信(通話・データ)も定額になる流れの中で、キャリアの戦略
  課金インフラの解放⇒課金代行手数料増収、市場活性化・拡大
  ・公式コンテンツ市場3800億⇒キャリア手数料9%で324億
  ・拡大方向>公式コマース+一般コンテンツ+一般コマース
  ・iモードID+ドコモケータイ払い⇒勝手サイトの課金代行
  ・KDDI>まとめてau支払い公式のみ
  ・ソフトバンクモバイル>S!まとめて支払い公式のみ
   # Vodafoneで提供していた一般サイトでの課金は終了
ドコモ、au、ソフトバンクがディズニー・モバイルとの絵文字変換ディズニーモバイル_マイ絵文字ディズニーモバイル_Disney絵文字
 ・ディズニーモバイルのマイ絵文字とDisney絵文字はカワイイね。
 ・ウィルコムはドコモ・auとの相互変換サービスを開始しているが
  ソフトバンクモバイルとの変換サービスはまだ始まっておらず
  ディズニー・モバイルへの対応もそれ以降になる
 ・KDDIでは、ディズニー・モバイルのサービス開始に合わせ
  メールフィルター設定の「一括指定受信」の選択肢に
  ディズニー・モバイル(xxx@disney.ne.jp)を追加
 ・ソフトバンクモバイルは、ソフトバンクのホワイトプラン契約者と
  ディズニー・モバイルのホワイトプラン(D)契約者間の
  1時から21時までの通話を無料に
  ホワイト家族24に、ソフトバンクモバイルとディズニー・モバイルの
  回線をあわせて 10回線まで登録できるように変更

集客
D2C、モバイルマーケティングセミナーを開催
 ・NTTドコモ原田由佳氏、
  08年モバイルビジネスの環境変化・トレンド・サービスについて
 ・グリー山岸広太郎取締役副社長
 ・ディー・エヌ・エー守安功取締役
  ⇒後ほど資料をアップしておきますね
au one(PC版)が、ジェイ・リスティングの「Jディレクトリー」と
 「Jアドリスティング」を導入

 ⇒メディーバで仕切るよりも専門に任せた方がいいのかな

コンテンツ
KLab、「きせかえツール」に関する利用状況調査
 1.知らないユーザーはわずか18%、40〜50代以上も20%以上が利用
 2.新しい形のプロモーションとして期待も
 3.値段よりも、すぐきせかえたくなるようなコンテンツがポイント
 4.可愛いものが多すぎる!もっとCOOLでオトナなデザインを!きせかえツール年代別利用状況きせかえツール性別利用状況きせかえツール選ぶポイント
 ⇒毎日自動的に変わったり、情報もプッシュできたり
  webtoができたりすると、いろいろサービスが広がる
  仕様改良を切に望まれます!

| 1/1PAGES |