Search This Site

Categories

Archives

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

素敵なウソ 映画「私の中のあなた My Sister's Keeper」

私の中のあなた My Sister's Keeper
私の中のあなた My Sister's Keeper

公式サイト
監督:ニック・カサヴェテス
原作:ジョディ・ピコー
キャスト:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック
☆☆☆☆

久々にいい映画を観た。
思わず、感想を残して置きたくなった。

健康で、何でもできることはすごく幸せなこと。
それに感謝して生きなくては。

恋愛は最高の薬なのかもしれない。

家族っていいなぁ、としみじみ思える映画。
特に、ビーチのシーンは泣けた。父親はやるときはやる。

姉の病気を治すために
DNAが一致している人間をつくるために生まれた妹。
娘の病気を治すために必死な母親。

妹「苦しい?」
姉「ええ、生まれた時から苦しい」 ・・・切ない。

ついてもいいウソってあるね。 素敵なウソ。

子供に教えてもらうことってあるんだな。

いつか子供と一緒に観てみたい映画だ。


・・・でも、奇跡を信じたかった。
諦めた瞬間に終わっちゃう。勝負ありだ。

諦めないで闘い続けたら・・・起きるかもしれない奇跡。
辛いけど、それにかけ続けてもいいじゃないか。
もう一つのエンディングを観たかった。



将来、何がしたいの? モバイル年商1兆円を世界初で

昨日、久々に、元上司で常にお世話になりっぱなしの大先輩
尾原さんからの指令で(笑)、急遽、夜中に
日本を代表するベンチャー企業の最前線の方々とお会いした。

モバイルで年商1兆円を突破したいと本気で相談された。
確実に世界初で実現していきそうな勢いに圧倒された。

そこで、「将来、何がしたいの?」と聞かれて
すぐに「これがしたいんだ!」と明確な答えを言えない自分がいた。
正直迷ってる。情けない。

ネット、特にモバイルを活用して
【新しい価値】を生み出すサービスを提供していきたい。
そして、少しでも、日本人、世界の人々を【幸せ】にしたい。

とすぐさまに言えなかった。

具体的には、当面は、ソーシャルであり、リアルタイム。

新しいものの最前線で、常に価値をつくっていきたい。

本当にそう思う。

一歩一歩着実に。

2009/11/3 自宅にて



世界のクリエイティブで頑張ってる日本人、Rei Inamoto

先日ad:techで知り合ったRei Inamoto(AKQA,Chief Creative Officer)
から、2010年ANDY Awardsの審査員にノミネートされたので投票してー
とメッセージ届いた。

彼の実績としては、今年のカンヌ広告大賞で、サイバー/ツール部門賞を
受賞したFIAT eco:drive
・USBにドライブのデータが蓄積されて、PCでみるとエネルギー消費が
 ビジュアライズされて、他の人とシェアでき、どうやったらecoな
 ドライブができるかというコミュニティが形成されている
 ⇒NIKE+にインスパイヤされてやっただろうと予測
 ⇒FIATはハイブリットカーを発売していないのにecoに見えてくる
  ⇒コーティング効果
   ⇒USBを差し込んでドライビィングデータを活用するという
    アイディアは、メーカーとエージェンシが一緒に考えた。
    プロダクトから考えた。
   ⇒広告マンによる更に詳しい解説はコチラを参照

日本人少ないので、純粋に応援してたいと思った。
⇒投票はコチラから!
 「ADD TO BALLOT」⇒メアド登録「CAST BALLOT」⇒メール届くので
  URLをクリックで承認の流れで、僕も今、投票した。

# 国際アンディー賞(International ANDY Awards)は
# NYのアドバタイジングクラブが1964年から開催している広告賞で
# 受賞広告はコチラから確認できる。

彼のプレゼンの中で特に印象的だった言葉は

「俺は広告が好きじゃない」

「もっとも良い広告は広告ではない」

深い〜い話だなぁー、と思った。
僕も広告は好きじゃない。
ただそこに、自分の好きなものとか、友達を絡めたりしたら…
面白くなるだろうね。きっと。
ワクワクしてくるw
Googleの次の世界だ。



モバイル・ビジネス・サミット(Mobile Business Summit)2009を終えて

Mobile Business Summit 2009
# 数字や言い回しがチョッと違うよ・・・とツッコミをいくつか
# 頂きましたので、随時修正していきます。(^^;


久々の投稿で恐縮ですが・・・ちゃんと生きてますよー(笑)

年1回のモバイル業界のお祭りとして、初年度から協力してる
モバイル・ビジネス・サミット2009
今年も昨年に引き続き、企画とモデーレータをさせて頂きました。
250名以上の方々に参加頂き、盛況に終えることができました。

モバイル・ビジネス・サミット2009のセッション企画主旨としては
IVSと比べたら地味だけど、日本のモバイル市場で結果を出す!
実務にすぐつながる!具体的に使える議論とネットワーク構築に
集中すべきだと思ったので、検索とECを盛り込みたいと考えた。

去年はモデレーター初体験で、準備不足で、緊張しちゃって
ちょっとイマイチな感じで、アンケートでもボロクソに言われ
正直ヘコんだので・・・
今年こそは!と、綿密な準備をして・・・と思っていたけど
仕事に追われてて、気が付くと前日で、結局1夜付け。。。
# パネラーの皆さん、西田さん、バタバタで、すみませんでした。

たまたま、ネタが、今、仕事で一番興味のあるソーシャルアプリが
メインセッションだったので救われました。
伝えたいエッセンスは、少しはお伝えできたのではないかな。
# 今、mixiを応援してるけど、客観的に進められたのではないかと。
# もちろんモバゲーもグリーも尊敬してます。
# D2C宝珠山さんが言うように、ウチゲバやってる場合じゃない。

西田さんにはもう少しパネラーにしゃべらせるべき!と怒られたけど
ソニーデジタル福田社長など、優しい奇特な方々から
「前回より全然良かったよ!」と言って頂けたので・・・
ホッとしたら、お酒が進む進む〜気づいたら4時過ぎてるじゃん!?
なんとかホテルに辿り着き、そのまま倒れた。

朝9時に西田さんに電話で起こされて、結局二日酔いのまま
熱いシャワーを浴びて、事前打ち合わせに20分遅れて参加。

挨拶しようと思ったら、声がガラガラ!
おいおい、やばいよ〜と思いながら、冷たい水を数杯飲み干し
結局ロクに打ち合わせもせずに、2セッション目本番スタート。

元々ECセッションは、西田さんに直談判して企画したものなので
失敗させる訳にはいかないと思い、しゃべりまくっていたら
一気に終わったって感じ。

やっぱり、コマースのネタは面白い。
コンテンツもコマースの1つだから、結局、横展開できると思う。


で東京に戻ってきて、溜まっていた仕事を一気にこなしてると
プレゼン資料やメモを頂戴!と多数のメールを頂いた。
CNETの記者さんが書いていた記事はアップしてくれないのかな?

オフレコ部分は書けないけど、公開情報ベースで
備忘録として簡単にまとめましたので、下記ご参照くださいませ!

今回参加して頂けなかった方に、これを読んで頂いて、
雰囲気だけでも感じて頂き、ぜひ次回参加につながれば幸いです。


mixiアプリ普及のために、社内勉強会等ご要望ありましたら
いつでも僕かmixi担当を派遣しますので、ご連絡下さい!
※連絡先は一番下↓を参照お願いします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
モバイル・ビジネス・サミット(Mobile Business Summit)2009:Day1
―――――――――――――――――――――――――――――――――
ウェルカムランチ
―――――――――――――――――――――――――――――――――
⇒次回は、一気にみんなが仲良くなり、気持ちが大きくなるような
 何かリアルソーシャルな催しモノがあってもいいと思った。
 ⇒やっぱり、ヤフードームでの野球観戦&対戦しかないかな(笑)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
開会のご挨拶
―――――――――――――――――――――――――――――――――
⇒今回はちゃんと、西田さんが最近のモバイル業界の出来事を
 まとめてくれてた。導入として、いい感じ

―――――――――――――――――――――――――――――――――
セッション1 モバイルでも本格化するソーシャルアプリ
ミクシィ 代表取締役社長 笠原健治氏
ディー・エヌ・エー 取締役 ポータル事業部長兼COO 守安功氏
ロックユーアジア COO 渡邉廣明氏
innovating.jp LLC CEO 半澤修太郎(モデレータ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
半澤
海外ソーシャルアプリ市場概況レビュー
Facebookアプリ市場規模、既に1000億以上
課金600〜800億
 ・Zynga   200億(※Inside Social Games)
 ・Playfish 120億(2009/5 月商10億突破※Inside Social Games)
 ・RockYou! 120億(2009/5 月商10億突破※rockyouads)
広告650億(20円@1MAU)
⇒合計1300〜1500億
⇒Facebook自社売上が500億なので
 1300億の8掛けで考えても、1000億は超えてるかな?※半澤

英語圏でのソーシャルゲーム市場推測1000億
5億人の西欧圏ユーザーのうち20〜40%が1ヶ月あたり1ドル使っている
とPlayfish共同創業者Sebastien de Halleuxが推定
⇒2007/5にAPIを公開し、2年数ヶ月でここまで成長したのはスゴい

参考:Facebook動向
・月間アクティブユーザー(MAU)2億7千万人
・Mobile利用者数6500万人、急増中
 ⇒2006年公開、直近8カ月で2000万人増加
・70%は米国外ユーザー
・女性が過半を占める
・30代の増加率が一番大きい
・1人平均120人の友達登録
・35万アプリ、うち100万MAU以上が200個(上位0.05%)
・Connect for Mobile スタート
・60以上の言語に翻訳
・SMS通知サービス、世界25カ国52キャリア対応

国内ソーシャルアプリ市場規模予測
 モバイルゲーム 869億(102%成長)
 モバイルSNS(アバター/アイテム販売) 157億(262%成長)
 小計 1026億
 PCオンラインゲーム 1239億(214%成長)
 合計 2265億
 ⇒少なくとも半分1000億の新しい市場が生れる!?

半澤からソーシャルアプリの特徴について
メニューリストからのダウンロードコンテンツでの1人プレイと違い
PCオンラインゲームでの知らない人との同期プレイとも違い
SNSでの顔見知りの友達との非同期プレイがメインで
じゃれ合う/楽しむために、飲み代のような感覚で
別のお財布(※)からお金を払うので、新しい市場を創造できると予測
※PCオンラインゲームARPU4,872円⇒ちょうど飲み代1回分くらい

ミクシィ笠原さんからmixiアプリについて
http://developer.mixi.co.jp/
http://mixi.jp/search_appli.pl
・9月10日、243アプリ
・気軽に遊べるアプリが上位に
・マイミク同士で言葉以外のコミュニケーション
・漢字テスト、423,793人、ランキング、招待、ソーシャルグラフ
・テトリス 228,000人、スコアを競い合う
・サンシャイン牧場、競い合い、協力、いたずら
・モバイル版9月末予定
・PC=40億PV は2週間で40万の利用者実績
 モバイルは=100億PVなので期待高
・広告支援、アドプログラム、広告レベニューシェア
 PVあたり0.01〜0.05円⇒10月末までは全アプリ0.03円!
 http://developer.mixi.co.jp/appli/mixi_adprogram/mixi_adprogram_stage_list
 ⇒正直、これだとmixiちょい赤!?(笑)
・課金支援 ペイメント ポイント課金、10月予定

モバゲー守安さんからモバゲーOPEN化について
http://developer.dena.jp/mbga/
・ゲームのオープン化、法人向けにAPIを開放
・OpenSocial準拠
 ・会員のユーザ情報や友達関係を活用した"ソーシャルゲーム"が制作可能
 ・プロキシモデル採用、mixiと同じ
・モバゲーAPI
 ・ゲーム制作に最適化されたAPI群の提供
 ・DeNAが内製で培ってきたノウハウ※いいね、コレ
 ・モバコイン、ゲーム内広告による収益化も
・オープン化の意義
 ・約1,500万のゲーム好きユーザ
 ・課金型ゲームにおけるアイテム課金収入も順調に伸びている
 ・日本発世界へ⇒中国、米国進出
・企画について
 ・コンシューマーゲームDSを参考に+コミュニケーション
・スピーディーな体制が望ましい
 ・エンジニア1人と企画者1人で3ヶ月に1本

ロックユーアジア渡邉さんからソーシャルアプリ事例紹介
・資本構成SoftBank44%、Rockyou44%、ガンホー9%、DCM3%
・ロックユーアジアは1億人へのリーチ
 ・アジアのオープン化したSNSとロックユーアジア
  ・日本  mixi   1700万人
  ・韓国  CYWORLD  2200万人
  ・中国  RENREN  5000万人
  ・ロシア KOHTAKTE 4500万人
・アプリケーションプロバイダーTOP5
 ⇒Rock You!>Zynga>slide>Flixter>Playfish
  ※アグリゲーション込み
 ⇒Rock You!月間UU4,000万人突破!
・基本USのアプリを世界展開だが、日本独自開発もある
 ⇒モバイルは日本が初の取り組み
・事例
 ・スピードレーシング(mixiアプリ)6万5000インストール、DAU3万人
  ・マイミクを集めないとツーリングレースに参加できない
   ⇒バイラル効果のみで展開
・ロックユーの歴史
 ・最初はハグ系、ギフトがメインだったがゲームが主体に

Q&A
Q1.RockYou!から見た日本市場は魅力的?
  ・Facebookは自由だけど、広告/決済を自前で用意しなければならない
   ※2009/6 Pay With Facebookリリース
  ・mixi、モバゲーは規制が多いけど、広告/決済が用意されている
  ⇒広告単価も、mixiCPM10円はFacebookの10倍くらい高い!
Q2.ソーシャルアプリは儲かる?
  ・You Plus、2週間で開発したアプリで月商1億円
   MySpace 上で No.1ゲーム「Mobsters」
   シンプルな RPG ゲーム
   バイラル効果で公開後3か月でユーザーが1,100万人に増殖
  <参考>
  ・Facebook35万アプリのうち
   100万DAU以上 17本(上位0.005%)
   100万MAU以上200本(上位0.05 %)
  ・FacebookアプリTOP50カテゴリー分布
Q3.こんなアプリを提供して欲しい!こんなアプリが伸びる!
  ・友達を絡ませたもの
Q4.ソーシャルアプリ成功の秘訣とは?
  <参考>
  Facebookアプリを成功させる13の戦略(Nick O‘Neill、All Facebook)
  http://www.allfacebook.com/2009/02/facebook-application-strategies/
 守安さんの考える3つのポイント
 1)導入部(つかみ)、わかりやすさ、チュート、自然な達成感
  最初の5分が勝負
 2)収益性 課金率 5〜10%、それ以上目指すとだめ、
  基本は無料で楽しませる工夫、成長や時間をお金で買う
 3)ソーシャルを考えすぎると駄目
  若干のコミュニケーション要素があればいい
  交流を前提にするとうざい
  一人でも楽しめる、その延長線にあればいい
Q5.ゲーム以外も、アリ?
 半澤
  ・とりあえず、何でも「ソーシャル」をつけて考えては?
   いろいろ可能性あると思う
 守安さん
  ・個人的には…ソーシャル競馬があれば使う!
  予想屋の実績をつける、馬主ゲーム(レース結果を計算してくれる)
  あくまでも個人意見だけどね(笑)
Q6.普及のための課題は?
 基本的なことだけど・・・大事なこと
 ・アクセス負荷を考慮した設計・改良
 ・丁寧なカスタマーサポート運用
 ・法務整備・・・etc
Q7.究極的に、ソーシャルアプリはどこまでいくでしょうか?
 御社の展望と合わせて教えて下さい。
 ・笠原さん
  ・アプリ自体がプラットフォームになっちゃうかも!?
 ・守安さん
  ・当面の目標=アバター課金と同規模の売上 月間10億⇒年間100億
   =月商1億(MAU100万人x課金率5%xARPU2000円)x12ヶ月x10本
  ・ソーシャルの市場規模=携帯公式ゲーム市場が約1000億
   ⇒モバイルだけでもその半分はイケるんじゃない?
 ・半澤
   ・友達がマーケティングしてくれる
    <参考>
    all with virtually no marketing.
    99 per cent of our distribution is from users
    inviting each other.
    Playfish共同創業者 Sebastien de Halleux(Financial Times)

会場からのQ&A
・mixiとモバゲーの違いについて
 ・mixi⇒リアル友達が繋がる、マイミクと楽しむ
 ・モバゲー⇒ゲームから入って友達になるみたいな
・モバゲーではアバターを活用できる
・モバゲーとミクシィの乗り入れゲームの企画とか?
 ⇒サブIDは困難じゃない?というかユーザーニーズがある?
  ⇒海外でもSNSを跨いだソーシャルアプリってあるのかな?
・全世界でのSNSがオープン化すると想定するとWiiやDSを超える
 プラットフォームになる?
・繋がっている人とどこまで遊べるか。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
セッション2 キャリアが考えるモバイルコンテンツの明日
KDDI コンシューマ事業統轄本部 コンテンツ・メディア本部
   コンテンツサービス企画 部長 竹之内剛氏
ドコモ コンシューマサービス部 コンテンツ担当部長 原田由佳氏
ヤフー R&D統括本部 フロントエンド開発本部 本部長 松本真尚氏
モバイル・コンテンツ・フォーラム 常務理事 岸原孝昌氏(モデレータ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
MCF岸原さん
・フェアユースって、必要ある?
※後ほど岸原さんからプレゼン資料をもらおう

KDDI竹之内さん
・男性優位市場から女性シフトの傾向 伸びを20〜30代女性が牽引
・伸びているコンテンツのポイント
 ・女性に響くラインナップ
 ・わかりやすい
 ・カスタマイズが出来、自己アピールが出来る
 ⇒ベネフィットが評価されれば買う、フィットネス系は課金率が高い
・実用系が月商20億↑
 ・美容、健康、ダイエット
 ・ある限られたセグメントされた150万人は濃いし、でかい。
・コミュニケーション↑
 ・GREE他
・電子書籍↑
 ・読みたいときにいつでも読書
・ゲーム(パチンコ含む)
 ・月間25億 安定 ※着メロに告ぐ市場規模であるが成長鈍化
・着うたは伸びていない
・限度なくお金を払うコンテンツを開発
 ・ボーグのブランドのきせかえが平均単価1000円で、すごく売れている
・今後はジャンル・セグメント別のプラットフォームを提供していく
 例:ゴルフはGDO、フィットネスはティップネスのように
 ⇒アイデア、マネタイズ、技術を持っている会社は提案してもらいたい!
・リスモは高品質サービスの総称イメージとして打ち出していく

docomo原田さん
・きせかえ伸びた
・パーソナル化に向けたiコンシェルの進化
 ・現状170万人 年度末までに380万※今期目標の半分以上を達成
 ・占いはコンシェルで利用率が高まっている
  ⇒パーソナル性の高いものは向いている
 ・iメニュー、iチャネル、iコンシェルでサービスゾーニング
 ・今秋、GPS連動予定
 ・2010年スケジュール、画像共有、端末情報、自動ルーティング
・個人的なテーマは「カスタマイズ」
 例:私のポータル と メロディコールの更なる普及
・BeeTVは、継続して見続けるドラマが利用率が高い
 ⇒ワンクールは見てくれる
・「カスタマイズ」がキーワイド!
 ⇒本来は、もっともっと広がるはず! 分野も広がる、使う率も広がる
  ・メロディコール⇒人に対するカスタマイズ⇒本来はもっと広がるはず
   ⇒もっと使いやすくしたい!
   ⇒3キャリアでもっと使いやすく連携してもいい
   ⇒メロディコール、SBがようやく対応、3キャリアでできるように

SoftBank松本さん
・iPhoneとホワイトプランの貢献で順調に推移
・その上で、2つのARPUの拡大戦略を取っている
 ・ただコンテンツ(まずはお試し、体験してもらう)
 ・CPコンテンツの店頭での獲得
 ⇒コンテンツ市場の伸びに繋がる
・世界進出の支援戦略、
 ・ベライゾン、ヴォーダフォン、チャイナモバイル、ソフトバンクで
  端末仕様を統一化しコンテンツを世界展開可能にする合弁会社
・市場トレンド
 ・第一フェイス=情報&エンターテイメント
 ・第二フェイズ=コミュニティ、SNS※現在
 ・第三フェイズ=動画※今後のキーワード
・SMSが3キャリアで利用可能に(海外はこちらがメイン)
 ⇒これで他キャリアでもメアドを知らなくても番号だけで
  メッセージが送り合えるようになった。
  タッチ(iC送信)も3キャリアでできるようになった。すごい便利。
・携帯とサーバーが無線でおしゃべりをする可能性は無限
・Yahoo!はエブリウェア戦略
 ・リモコンやTVでウィジェット&課金
・ヤフーのコンテンツでもPCより携帯が使われているコンテンツもある
 ⇒携帯ならではなもの、モバイル独自にも、世界的にやっていきたい

感想
・キャリアには、プラットフォームにしかできないことを
 引き続きガンガンやって頂きたいと心から願う。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
セッション3 携帯サイトの集客手法〜本当に費用対効果高い広告は何?
アイフリーク 取締役 伊藤幸司氏
エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ 常務取締役 黒田敏秋氏
グリー 代表取締役社長 田中良和氏
KLab 代表取締役社長 真田哲弥氏(モデレータ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
真田さん
・アフィリエイトは、インセンティブ系は最近退会率が高くなってきてる
・純広の方が、LTVは高いが、属性による。うまくハマればCPAもいい

アイフリーク伊藤さん
・リアルアフィリエイトは数は沢山くるが、CPA高くLTV低い傾向
・デコメコレクション⇒「デココレ」に統一
 ⇒初日から、Googleキーワード検索で1位
  CMでも、デココレを押した
  もふもふは、LPで露出した

グリー田中さん
・現在価値の最大化は、将来価値の最小化につながる⇒本質志向
・TVCM出稿年間40〜50億
 ⇒対売上比率1割
  ⇒アイフリーク、ソルマーレ2割
・日本人の全ての人をユーザーにするんだというのが目標
 ⇒ありとあらゆることをやりましょう!
 ⇒そのためには、全てのメディアに出稿する!
  ⇒広告の効率が落ちるのでは?
   ⇒そもそも広告の効率って分からない。
 ⇒一番最初は、手持ち現金5〜10億のうち、2ヶ月間で3億用意した
 ⇒TVCMは今日明日打てるものではない。
  手順があるというこを初めて知った
  ⇒安く仕入れる
  ⇒いいクリエイティブを作る
   ⇒クリエイティブは田中に一任
    過去のCM大賞を300本くらいみて、こういうCMが来る
    と思うのを作っていった
  ⇒代理店が持ってくる提案のうち、かぶるものをマージして
   上から1つ1つやってきた
   ⇒それをチューニングしていった。

ソルマーレ黒田さん
・広告クリエイティブ
 ・シチュエーション感の演出
 ・セリフの長さ
 ・画像
 ・エッチ度合い
 ⇒この組み合わせで試している
・翻訳して、海外で配信
 ・スマートフォン
 ・各国のCPと提携して配信
・エロではなく、ファンタジー(笑)

感想
・実務的に、アフィリエイトの現状や広告クリエイティブ最適化
 ワンタグ分析ツールの有効性など取り上げて欲しかった
・テレビCMをつくりたくなった⇒mixiでやりたいな(笑)
・セッション終了後に、真田さんの誕生日祝いに中洲へ。
 その途中でセッションでは言えなかったことをオフレコで沢山
 教えてもらった。目からウロコ、いつも勉強になる。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
モバイル・ビジネス・サミット(Mobile Business Summit)2009:Day2
―――――――――――――――――――――――――――――――――
セッション4 スケールするiPhone/スマートフォンビジネス
GClue 代表取締役 佐々木陽氏
APPLIYA 代表取締役 椎谷ハレオ氏
ハドソン 執行役員 兼 新規事業本部 本部長 柴田真人氏
パンカク 代表取締役 柳澤康弘氏
アドモブ 代表取締役社長 ジョン・ラーゲリン氏
グロービス シニア・アソシエイト 高宮慎一氏
(モデレータ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
ハドソン柴田さん
・ネットワークコンテンツ関連事業
 ・モバイル、PC、iPhone、Android
 ・音楽映像事業>自社レーベル、映像コンテンツの蓄積・配信
・モバイル140サイト、有料会員数200万人突破!(2009年5月末)
・iPhone
 ・恐怖!百物語 好評配信中
 ・World JANKEN! 近日配信予定
 ・とある騎士団と幻のお城 乞うご期待

パンカク柳澤さん
・LiGHT BiKE、2009年2月iTunesで全米No.1獲得
 ・有料アプリで最大15,000DL/日
・世界40億台のモバイルアプリ市場でNo.1を目指します!

GClue佐々木さん
・AR/MR/VRアプリを開発
 ・Augmented Reality 拡張現実
 ・Mixed Reality 複合現実
 ・Virtual Reality 仮想現実
⇒アプリ開発の老舗ですね。

APPLIYA椎谷さん
・ソフトバンク系列のアプリパブリッシャー
・APPLIYA Studio(Contents Tenplate)を活用することで
 ・iPhone/Windows/Android/JIL/Facebook/MySpace等へ配信可能
 ・低コストでスピーディーにPR実現!
  コンテンツにプラスαの魅力を倍増するiPhoneCAT

admobジョン
・国際的な大手モバイル広告ビジネスプラットフォーム
・iPhone、Android対応、アプリ1600以上に導入
・1ヶ月当り600億回以上のインプレッション
・大手欧米ナショナルクライアント実績
・ロス、NY、ロンドン、シドニー、南ア、シンガポール、そして日本
・次世代スマートフォン⇒PC並の表現力
・日本を含む世界最大のiPhone広告ネットワーク
 ・2,300以上のモバイルサイト及びアプリに広告配信
 ・iPhone、iPod touch MAU1200万人
 ・5月に25億件の広告掲載リクエスト(4月20億)
 ・最も多くダウンロードされたアプリのTOP50のうち8個に導入
 ・無料アプリTOP100のうち33個
  (comScore Apple App Storeレポート2009年2月)
・admobネットワークに加わるメリット
 ・透明性
   収益分配率を把握し、自分のアプリ内に表示される広告を
   常に全面的に制御することができる
 ・グローバル+専門性
   admobはiPhone及びAndroidデベロッパーが質の高い広告により
   世界各地で収益化を可能に
 ・ダウンロード・エクスチェンジ
   ネットワーク内の他アプリとインベントリ情報を交換する
   ことにより、アプリ普及を促進
 ・広告でユーザーベース拡大
   アプリから得られた収益で広告を購入し、更なる市場シェア拡大に
 ・コンバージョン・トラッキング
   広告実績を追跡し、ユーザー1人の獲得にかけるコストと価値を
   緊密に測定できる
・基本はテキスト広告、AppStoreへ直結が一番多い

感想
・このセッションを聴くと、iPhone、Androidを早くやりたくなる。
 今の仕事を引き継いで・・・早く取り掛かりたい。。。(><)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
セッション5 ユーザーを活用した新しいコマースのカタチ
エニグモ 代表取締役共同最高経営責任者 須田将啓氏
maneo 代表取締役社長 妹尾賢俊氏
ソフトバンクギフト 取締役COO 藤平大輔氏
innovating.jp LLC CEO 半澤修太郎(モデレータ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
半澤
メディア別通販市場規模2008年⇒2009年予測
・カタログ 1兆5,450億⇒1兆5,209億↓
・TV      3,818億⇒  3,950億↑
・ラジオ    1,053億⇒  1,109億↑
・PC   2兆1,753億⇒2兆5,097億↑
・携帯     3,165億⇒  4,080億↑※28.9%成長、TVを抜く勢い
(富士経済 通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2008-2009)

モバイルコマースは確実に伸びている
(MCFモバイルコンテンツ市場規模2008)

ただ、市場の伸び<参入の増加
⇒1店舗あたりの売上横ばい?減少?
 そんな中、新しい売り方で、伸びている企業があります!

新しいコマースのカタチ
・ソフトバンクギフト
 ・携帯メアドだけでギフトを贈り合える
・バイマ
 ・自分の代わりに、世界中のバイヤーに、欲しいモノを買ってもらう
・シェアモ
 ・売らずに、買わずに、みんなでシェアして使う
・maneo
 ・数万円単位から、お金を相互に貸借できるソーシャルレンディング

ソフトバンクギフト藤平さん
・ギフト市場16兆円の贈答需要がターゲット
 ⇒特に3000円以下の小額ギフトが増えている
・3つの特徴
 ・メールだけで贈れます!
 ・送料が掛かりません!
 ・100円の商品からご用意しております!※ココがミソ
・消しこみ可能で、同じ券を2度使えない仕様
 ⇒見せるだけのクーポンとの差別化
  効果分析、ターゲティングができる

エニグモ須田さん
・インターネットを活用し、個人の持つ能力を最大限に発揮
・バイマ:C2C型バイイングマーケット
 ・世界中の日本人をネットワーク化
  誰もがバイヤーとして活躍できる
 ・世界65カ国・約12,000人の日本人バイヤー
 ・出品数150〜200万品/年
 ・会員数47万人
 ・PV数3000万PV/月
・シェアモ:ソーシャル・シェアリング・サービス
 ・フライパンからジェット機まで
  みんなで使えるモノはみんなでシェアする
 ・09/8月見込 700万PV
 ・出品数/オーダー数 09/7 8〜9万
 ・現在も安定した成長

maneo妹尾さん
・Web上での個人間融資及びそのマーケットプレイスを指す
・借入目的に対する共感や借り手 ‐ 貸し手間のQ&Aが入札の決め手
・世界
 ・30を超えるサービスサイトが存在
 ・欧米のみならずアジアも。
 ・グローバルベースで約7億ドル(約650億円)の残高
 ・2012年の市場規模は1,000億ドル=10兆円との予測
  (フォレスターリサーチ)
・日本
 ・銀行の消費性ローン残高:8兆(日銀統計)
 ・消費者金融・クレジット等貸付残高(個人・無担保):11兆(日本貸金業協会)
 ・日本ではmaneoだけ
  ・貸付実行総額:1億2,000万円。登録会員数:1万人強
 ・今後参入予定
  ・SBIプロスパー(SBIと米国Prosper社のJV)
  ・AQUSH(アクシュ)
・多様な借入目的での申込み
 ・愛猫の病気治療費
 ・友人からの中古車購入費用
 ・一番多いのは、おまとめ系
 ⇒無担保なので、いかに人生模様を共感共有してもらえるかが鍵。
  既存の銀行ではできない価値を提供していきたい。

感想
・ギフト市場って、思ったよりデカい。それを再認識しました。
 もらったら必ずお返ししますものね。
・自分買いと、ギフトはどれくらいの比率なんだろう?
 ⇒データや調査を知っている方がいらっしゃれば教えてください。
・上記全てのサービスに、友達を絡めると更に面白くなると思った。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
セッション6 モバイル広告の理想と現実
セプテーニ モバイル本部執行役員 経営企画室兼務 梅澤信哉氏
サイバーエージェント 取締役 岡本保朗氏
アイレップ 代表取締役社長COO 紺野俊介氏
エフルート 代表取締役社長CEO 尾下順治氏(モデレータ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
アイレップ紺野さん
・携帯はまだ検索リファラー1 %くらいしか取得できていない
・国内旅行はモバイル、海外旅行はPC⇒なるほどね。
・アルバイトとバイトと検索する人の違い
・公式サイトによる検索結果操作の問題提起※いいツッコミ!

―――――――――――――――――――――――――――――――――
セッション7 動画はビジネスになるか?メガコンテンツ企業の動画戦略
レコチョク 代表執行役社長 今野敏博氏
日本テレビ放送網 編成局デジタルコンテンツセンター デジタル事業推進部
 太田正仁氏
フジテレビジョン デジタルコンテンツ局デジタル事業センター 波止康雄氏
ドコモ・ドットコム コンサルティング部チーフクリエィティブオフィサー
 村上勇一郎氏(モデレータ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
⇒さすが村上さん、実務的に一番勉強になった。仕切り上手いですね。
 ただ、本セッションは完全オフレコのため、書けない・・・
 でも、TV局も確実に変わっているという好印象を受けました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
セッション8 モバイルコンテンツの未来―訊いてみたい7つの質問
ORSO 代表取締役社長 坂本義親氏
サイバーエージェント アメーバ事業本部 サービスディベロップメントDiv
ゼネラルマネージャー 武石幸之助氏
芸者東京エンターテインメント 代表取締役CEO 田中泰生氏
グロービス プリンシパル 今野穣氏(モデレータ)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
⇒やっぱり、amebaすごいな。


<モバイル・ビジネス・サミット2009を終えて>
まず一番の反省点としては、1日でも早く取り掛かること。
そうすれば、1人でも多くの方に参加してもらえた。
今回セッション検討が遅かったため、確定も遅れ、集客も遅れた。
ココは西田さんの馬力で乗り切った。ただ大変だったので
次回はIVSのように半年前から着手しましょうよ>西田さん
せめて日程だけでも確定し、お知らせすれば参加率は上がる。
開催時期も再検討の余地あり。
これは初年度から言っていることだけど
モバイル業界にとって9月は、ちょうど秋冬端末の販売前で
ネタを出しづらい、特に新端末関係は尚更ムリ。
WIRELESS JAPANが7月中、mobidecが11月末なので
モバイル・ビジネス・サミットは3〜4月がいい。
ちょうど桜が咲く季節が素敵。みんなで花見してもいい。
中洲のクラブ活動も、そよ風が気持ちいいはずです(笑)>真田さん

次に交流について
名刺交換は乱雑だし、挨拶したい人をつかまえるのも一苦労なので
次回は参加者リストをソーシャルにしたい。

そしてセッション内容について
準備大変だけど、使えるソリューションプレゼン大会も設けたい。
実は、パネリストが集まらずボツになったセッションもあった。
それは、「企業ブランド」カテゴリー。
実名は挙げられないけど、日本で携帯を一番活用している数社に
精力的に調整したが・・・
「モバイルが本業じゃない会社が、モバイルのためだけに
 平日に福岡には行けないよ・・・
 ただ興味はあるので、東京開催なら参加したい」
と、ごもっともな回答を頂いた。(^^;
ということで、企業ブランドのセッションは東京で開催したい。
そして、近い将来・・・
「モバイルのためだけに、平日に福岡に行ける」
状況になっていることを願う。 2009/9/15 半澤




最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!

mixiアプリで一緒に遊ぶために、よかったらマイミクになってください!
PCはコチラ
携帯はコチラ
・検索 「はんちゃん」で出てきます(笑)

やっぱり・・・足あと付いちゃうのはキマヅイという方は
半澤修太郎プロフィールのコンタクトメールアドレスより
ご連絡下さい。お待ちしております!




MMSA総括セミナー(D2C藤田社長、テックファーム筒井社長、夏野教授)メモ20081211

今日なんとか、MMSA2008年総括セミナーに参加できて
D2C藤田社長、テックファーム筒井社長、そして夏野氏の刺激的な話が
聴けたので、業界発展のために講演メモを共有できればと思います。
# 仕事しながら聴いて走り書いたメモなので、ご容赦ください。

端末は1億台を突破し、アッパーまで来たが、これでモバイル業界の成長が
止まるということではなく、逆に、ようやく普及してきたということ。
iモードが始まって10年弱で、ようやく端末周りが整備されてきた。
つまり、広告、コンテンツはまだまだこれから伸びる。ということ。
ようやく舞台がそろった、という感じ。
世界では一番早く環境ができたという奇跡を活用しない手はない。
これから、もっと面白くなる予感。

MMSA特別セミナー「2008年 モバイル業界の総括と今後の展望」

今年のモバイルマーケティング界を振り返って
D2C社長 藤田明久氏
⇒2008年も急成長したモバイル広告・マーケティングの世界。
 ブログに書けなかった話を中心に、この一年間を振り返ります。
・モバイル広告市場 621億 59.2%増※BSCSが600億なのでそれ以上
・日本広告研究会、日経メディアラボ、D2Cの共同調査では
 ・2008年度、広告費配分を増やす媒体は
  ・PCネット広告35%
  ・モバイル広告17%?
  ・新聞    13%
  ・テレビ   12%
・モバイル広告への不満
 ・表現力に乏しい      48%
 ・文字数・情報量に制約が多い45%
 ・伝えられる情報が少ない  43%
 ↑PCと比較している・・・↓
・PCネットが先にある悲劇
・モバイル広告実施企業の声
 ・すぐ把握できる58%
 ・購入喚起に効果的30%
・参加ハードルを下げる
・「仕組み」と「仕掛け」
・逆クロスメディア
・Googleが2キャリアの公式検索エンジンに採用された
 ⇒検索連動広告売上がD2Cから吹っ飛んだ・・・言えないくらいの金額
・セブンイレブンxモバげーxヤッターマン
 ・新しいパンへのトライアル
 ・2週間でヤッターマン限定アバター200万DL
  ⇒メスメディアでも難しい。モバイルパワー。
・ゴミを出さない販促
・2001年9月11日(日)22時03分銀座⇒NYテロを携帯メッセージRで知った
・2008年9月1日(月)21時30分首相官邸
・マクドナルドかざすクーポン⇒携帯クーポンなどで客数増、売上3%増
 ⇒モンスターズインク、エビちゃん、実はモバイル取り組みは
  7年目でブレーク。
・スマートフォン市場 米国でも17%、日本2% 日経2008年11月19日
・「今、予算があるなら、PCサイトよりもモバイルサイトにカネを
  かけるべきだ。
  同じ金額をかけて、リターンが大きいのは、モバイルだから」
 日本コカコーラ 江端浩人 日本マーケティング協会での講演より
・B'z The Best ULTRA Treasure、当りQRコード35人⇒すごいアクセス
・定額制5000万台突破予測2009年夏 ケータイ白書2009年
・花王はネット広告費10%増、その分テレビ広告が減る
☆2009年9月2日3日 ad:tech 世界最大のカンファレンス開催予定

モバイルマルチメディア放送の現状と今後の予定
テックファーム社長 筒井雄一朗氏
⇒地上波アナログ停波を2011年に控え、総務省では次世代のモバイル
 マルチメディア放送について審議がなされています。その方式、
 ビジネスモデル、審議の状況と今後の流れについて解説致します。
・資料参照

ケータイの歩みと未来
慶應義塾大学 政策メディア研究科 特別招聘教授 夏野剛氏
⇒iモードの登場以降日本のケータイ電話は著しい進化を遂げてきたが
 普及率 が成熟し出荷台数が大幅に減少するなど、環境は激変している。
 ケータイのこれまでの歩みを振り返り、今後を展望する。
・NOKIAは日本撤退
・iモードパケット通信売上1兆3700億円+コンテンツ課金売上2000億円
・2008年=ケータイ業界の曲がり角
 ・補助金モデルの廃止
  ・ローリスクローリターンビジネスモデル
   ←以前のiモードはハイリスクハイリターン
  ・今までのような新サービスの急速普及はもはや望めない
 ・通信事業者とメーカーのWin-Winの崩壊
  ・リスクは全面的にメーカーへ
  ・端末毎の機能さを訴求しないマーケティング
  ・分かりにくい型番による買い替えコントロール
  ※以前は買い替えが起きると、ARPUが上がるので
   キャリアとしては買い替えしてもらったほうがいいし
   メーカーも端末が売れるので、Win-Win
 ・拡大成長から縮小均衡へ
  ・主戦場はサービス差別化から料金競争へ
 ・主役の座を降りたキャリア
  ・オペレータがリスクをとらず、一方でメーカーの独自性は中途半端
・2009年=日本メーカーのラストチャンス
 ・急速に日本化する欧米のモバイル市場
  ・本格化するモバイルインターネット
  ・テレコム主導からインターネット主導へ
 ・Androidは世界のIT業界が感じた、通信業界に対する
  フラストレーションから生まれた
  ⇒Googleとしては携帯からネットにアクセスして検索して欲しい
  ・OSを制覇することが目的ではない
  ・モバイルインターネットの普及スピードへの危機感
  ・iPhone、ブラックベリーも根は同じ
  ・そもそも海外の端末からはEメールが送れない。未だにMSMのまま
 ・まだある競争優位
  ・日本の端末のクオリティの高さは世界も認める
  ・総合メーカーの利点はまだある
   ←海外メーカーは携帯専業。日本は総合メーカー
  ・ただ残されたのはあと2〜3年しかない
・成熟プラットフォームとしてのケータイ産業
 (メーカーとキャリアを除く)
 ・本格化するモバイル広告
  ・広告は遅行指標。広告主は超保守的
  ・成熟期になってから市場が伸びる☆
 ・本当のコンテンツ競争力が問われる時代へ
  ・ケータイ市場の拡大に便乗したラッキーベンチャードリームは
   もうない(笑)
  ・真の経営戦略、真のクリエイティビティが問われる
  ・マーケティング費用も他産業並みに必要
 ・モバイル市場は拡大し続ける
  ・それでもユーザーにとってケータイは重要
  ・コンテンツ市場、広告市場は2009年も拡大
   ⇒コンテンツ課金市場はドコモだけでも月商200億と伸びている
    ※昨年180億
☆悲観論に酔うのではなく、打てるべき手を打て!絞れる知恵を絞れ!


やっぱり、夏野さん。イイこと言いますねー。
時間作って聴いた甲斐がありました。




楽天の創業から今までの軌跡 楽天取締役 安武弘晃氏 081126

前から聞いてみなかった楽天 安武さんの楽天創業時から今までの軌跡に
ついての話を聞ける機会があったので、備忘録としてメモを。
また1ついい刺激を受けました。

楽天安武弘晃























安武弘晃氏 楽天 取締役常務執行役員
<略歴>
1997年 4月  日本電信電話株式会社 入社
1998年10月  楽天株式会社
2002年 9月  同社開発本部開発推進部長
2003年11月  同社開発本部プラットホームプロデュース部門長
2005年 5月  同社執行役員
2005年11月  同社執行役員 開発本部長
2006年11月  同社執行役員 開発・編成統括本部CPO室室長
2007年 3月  同社取締役 執行役員 開発・編成統括本部CPO室室長
2007年 4月  同社取締役 常務執行役員 開発・編成統括本部CPO室室長
2007年 6月  同社取締役 常務執行役員 開発・編成統括本部副本部長
2008年 7月  同社取締役 常務執行役員 開発部副部長(現任)

売上年間20%前後で成長⇒この規模で成長し続けているのが大変☆
時価総額ではイオン、JALと一緒。日本100位前後
会員IDは5000万超えている⇒毎月600万人が利用
流通総額年間1兆円
楽天物流⇒倉庫コンサル。事例:花畑牧場。改善で最大日商7倍

<創業期>
存在意義
・投資先が見つからない「元気のない日本」という現実
・成功例が存在、であれば、自分が
若者がやる気だけで大きなものをひっくりかえせたら、面白いよね!
ノリと勢い
・1998/10 何をやろうか?
・1999/4/1 リリース
・1999/5/1 グランドオープン⇒初期13店舗
採用はすべて縁故
・大学のつて、アルバイト先の先輩
・お客様窓口から入社した学生
・飛び込み営業マンを取り込む、etc
ビジョン⇒最初からビジョンを語っていた。三木谷社長
・創業して3年で株式公開
・日本一、世界一になりたい
・草ベンチャーで終わらない
・尊敬される会社になりたい
・黒字経営
・大きな借金はしない
節約、プロフェッショナリズム
・トイレの電気の消し忘れをすごく怒られた。
 ⇒気の緩みが会社の経営を悪くする。
何もないから自分で考える
・契約書も自分で勉強して考える。商法を買ってきて自分でつくった。
何でもやる、DIYカンパニー

<拡大期>
・採用⇒引っ越しますか?
・新規サービスの立ち上げ⇒気合と根性とノリと勢い
・「オークションってあったら面白いと思わない?」
 ⇒3ヶ月泊り込み、開発して、完成!
  ⇒朝4時にリリースしたら、1分後にクレジットカードを登録して
   くれた人がいた。すごく嬉しかった。
・11時間プログラミングして1時間寝て、11時間プログラミングして
 1時間寝るのが一番効率がいいと本気で思っていた
 ⇒意外に悪くない(笑)

<転機>
・社名変更⇒楽天に統一
・トップページから店舗が消える日
・従量課金制の導入⇒社長自ら誠心誠意で対面で直接話す。えらいと思う
・20名⇒40名、2フロア⇒コミュニケーションミスが起き始める
・40名⇒100名、組織や役職の誕生
・100名⇒200名、名前がわからない人の存在⇒名札着用
・200名⇒500名、ルールの重要性、情報が共有されない
・500名⇒???名、仕組化の追加、ブランド統一やコンセプトと必要性
・現在 フロアが多くなるとコミュニケーションミスが増える
 ⇒会議が増える
  ⇒時間を1/2、参加メンバーを1/2、頻度を1/2⇒1/8に
  ⇒メッセンジャー、Webカメラの活用
   ⇒1フロアがいい
成功のコンセプト
・常に改善、常に前進
・Professionalismの徹底
・仮説⇒実行⇒検証⇒仕組化
・顧客満足度の最大化
・スピード!スピード!スピード!
全社朝会
・土曜日13時開始⇒月曜朝8時開始
・仮説:全ての社員が経営者と同じ情報を持ち、経営者と同じ判断を
 下せれば、最高のスピードとパフォーマンスを出せる

・情報は公開する、それを取って活用し、活躍するのは個人
・どこまでできる?⇒今は3000名規模+グローバル(NY支社は日曜深夜)
運がいい
・5万円固定の出店料
・Googleの台等と静的HTML
 ⇒お金がなくて動的にできていなかったのが逆によかった☆
・よい人とよいタイミングで出会い
問題
・常に人的リソース不足
・行方不明?⇒4travel.jp津田が地下のゴミ捨て場で熟睡。。。
・自宅に社内LAN?
・5名で12時間交代の24時間体制?
プロフェッショナル≠個人主義、パーティションの失敗
・社内○○?⇒40名の時に○○%超えていた(笑)
・隣の席で新サービス?起業家マインドの功罪⇒GREEの田中。遅刻常習犯
M&A
・旅の窓口
・証券
・プロ野球チーム
 ・スタッフは社内公募
 ・3ヶ月で全て作る!?
 ・無理?
2005.7.28 個人情報漏えい事件
・3万6000件が、出店社から漏えいした
・迅速な対応
・リスク管理
<今現在>
2007年1月9日日経新聞⇒海外展開を新聞経由でケツを叩く(笑)
O-netを取得⇒結婚
楽天経済圏
<ベンチャー>
・ジェットコースター
・先が見えないワクワク感
・ベンチャーであり続ける
・夢と現実のギャップ
・それを乗り越える楽しさ
・現実は辛い⇒肉体的には非常に辛い
<個人的な行動倫理>
⇒時間切れで、一番ここを聞いてみたかったのだが、残念。
 また別の機会でぜひお聞きしたい。



他のインタビュー記事
・CIO Magazine 2007年5月号
 品質管理と情報共有の徹底で、インターネット・サービスの世界を変える
・CNET
 創造的エンジニアによる世界一のサービスを目指して
・IBM Software World 2005
 楽天のビジネス拡大を止めないために





情熱大陸 挟み梁工法 大工棟梁 宮内寿和氏

毎回いい刺激をもらっている情熱大陸だが、今日は

大工棟梁 宮内寿和さん

大工棟梁_宮内寿和
宮内建設ブログ


自分の家はこの人に任せたい!と心から思ってしまう大工棟梁だ。


100年、200年持つ家を造る。
その為に、1年、2年かかっても、その甲斐はある。

屋根裏に残された、名も無い大工のいい仕事。
これが勉強になる。

千年以上続く日本古来の伝統的な大工技術を継承しながら
科学的な検証にも積極的に取り組む。
大工棟梁_宮内寿和_強度検証




地元の木を活用し、半年水につけ、アクや樹液などを落とし
半年天日に干して強くする。「水中乾燥」にこだわる。
大工棟梁_宮内寿和_水中乾燥

一切金物を使わない、新しい「挟み梁工法」を生み出し
高い強度を保障する。
大工棟梁_宮内寿和_はさみ張り工法2




家具まで手造りする。
大工棟梁_宮内寿和_家具も手造り




1本も無駄にしない。
クセのある木は強い。
適材適所。
大工棟梁_宮内寿和_はさみ張り工法




0.1ミリのブレも見落とさない。
小さいブレが家全体の強度を左右する。
100年後、200年後問われる。
妥協しない。
歴史に残る家を造る。
大工棟梁_宮内寿和_全部木




徹底的な職人気質。
大工棟梁 宮内寿和

「この世の中で一番面白い仕事は大工だと思う。
 いっつもそう思う。
 こんなに面白い仕事は他にあんのかな。」


羨ましいくらい仕事が好き、なんですね。


大工棟梁_宮内寿和_完成
それにしても、この家はいい。いやー、本当に見事。まいった。
こんな大工が日本にいたんだー、と誇らしくもなっちゃうくらい嬉しい。

僕も木が好きなので。僕の家は、宮内さんにお願いしたい。
本当にそう思う。

いやー、久々にいいもの見た。感謝。

また明日へのやる気が出てきた。ありがとう!


その後、インタービュー記事を発見。
木への徹底的なこだわりが伝わります。さすがです。

モバイルについて、自分がこれだけ深くこだわれているか
負けてられない。本当にそう思う。





オーリック・システムズ、RTmetrics 簡易版 myRT mobile 無料提供

遂に、オーリック・システムが、RTmetricsの簡易体験版として
myRT mobileを無償提供スタートしましたね。

簡易版なので、導線分析などは使えないですが
・参照元、検索用語
・トレンドサマリー
で、最低限はウォッチできます。
ただし携帯ではリファラの精度は、まだ対応端末が2割強なので
ざっくりだと思われる。

RTmetricsの一番の良さであるリアルタイム集計になっているのが嬉しい。

無料なのでしょうがないですが
タグ埋め込み式なので、設定と運用が多少手間がかかる。
でもGoogle Analyticsと同じく標準になる可能性あり。


Web担にも載ったので
PC携帯両方にサービス提供しているサイトやブログなどで
一気に使われ出しそうな予感。

既に AuriQ Systems, Inc はUSでPC携帯共に無料提供してますね。
myRT
myRT mobile

日本でも、PC向けmyRTが無料提供される日が近いかも。
そうなると、myRTでPC携帯共に簡易解析できちゃうことに。

Google Analyticsも携帯対応したら
簡易アクセス解析は基本無料が当たり前に。

NINJA TOOLSなど無料広告モデルで100万人以上が利用している
サービスもありますが、今後どう展開していくのか注目。
# 以前、サムライファクトリーの大柴さんと話した際に、意外だったのは、
# ユーザーは女性が多く、高学歴、ITリテラシー高い、ということでした。
# きっと、NINJA TOOLSがデザインきれい、だからでしょうね。





KDDI、au2008秋冬モデル 感性型エージェントインタフェース モーションセンサー Bluetooth近距離対戦ゲーム VisualワイドVGA 8.1Mカメラ、防水ワンセグ

2008/10/27、 KDDIがau2008秋冬モデルを発表した。
感性型エージェントと近距離対戦ゲーム以外、目新しさはなく
他キャリアを追随する形となっている。
Run&Walkは有料会員数が50万を超える勢い。

キーワードとしては
・感性型エージェント
・モーションセンサー
・近距離対戦ゲーム
・VisualワイドVGA
・8.1Mカメラ⇒遂に、ケータイカメラ800万画素時代!
・防水ワンセグ

KDDIコンシューマ事業統括部長 高橋誠氏
「もう一度auらしく」――冬モデルは“映像美とスタイル”で


イチオシ端末は、全部入りのEXILIMケータイW63CA
EXILIMケータイW63CA
・デジカメ約809万画素、顔検出AF機能
・約3.1インチ VisualワイドVGA(480×800ピクセル)有機EL
・同梱のPC用ソフト「YouTube Uploader for CASIO mobile」で
 撮影した動画を簡単にYouTubeにアップロードできる

新機能としては
・au Smart Sports
 ・Run&Walkで、仲間と情報共有ができる「チーム機能」追加
 ・「Karada Manager」健康管理機能
  スポーツや食事のアドバイスを通して、目標達成をサポートする
  ・KDDIとプライムワークス共同企画で、開発はプライムワークス担当
・近距離通信で他のユーザーと対戦できる「近距離対戦ゲーム」
 ・Bluetooth活用
 ・対応端末:AQUOSケータイ W64SH
・カロリーカウンターと連携する「体感系ゲーム」
 ・モーションセンサー
 ・対応端末:AQUOSケータイW64SH、W65T
・「感性型」エージェントインタフェース
KDDI感性型エージェントインターフェイス
KDDI感性型エージェント_端末表示イメージ.jpg
 プレスリリース 
 ・KDDIとカタリスト・モバイルの共同企画、企画開発はカタリスト担当
 ・2009年1月からβ版サービス提供
 ・待受画面に設定されたキャラクターと対話型コミュニケーション
 ・端末データ(アドレス帳/着信履歴)・イベント(季節/時間/時節)と連動
 ・天気・占い・生活情報・現在位置のお勧め店舗・スケジュールなどの
  情報を、キャラクターが話す
 ・時間や履歴に応じて待受画面上のキャラクターが睡眠をしたり
  感情表現をしたりする。
  ⇒ユーザー1人1人に合わせた個別の情報をコミュニケーションする。
 ・待受キャラはユーザーの名前を覚えて話しかけてきたり
  時間に合わせて行動したりする。
  さらに、ユーザーのメールの内容や通話相手の情報を元に
  「明日は●●さんの誕生日だよ」などと教えたり
  明日の運勢や新作ゲーム、現在地の周辺情報などを知らせたりする。
 ・携帯電話に愛着を持ってもらい、ユーザーの解約を防ぐのが狙い
 ・機種変更した場合でも同じキャラクターを引き継げる
 ・au oneラボにて半年ほど無料提供し反応みながら改善⇒その後課金?
 ・エージェント機能に関して、ユーザーがどれほど受け入れるか
  どういった機能を要望するかがまだ読めないということで
  まずはベータ版サービスで実験的に公開し、今後ユーザーからの声を
  聞きながら改善を行っていく考え。
 ・対応端末:AQUOSケータイW64SH、W65T
  ・当初は加速度センサー搭載のW64SHとW65Tをサポートするが
   今後加速度センサーがなくても使えるようにする意向。
   将来的にはアプリとしてではなく端末の標準機能としての提供も検討
サービスイメージ
 ・待受け設定
感性型エージェント待受バカボン
感性型エージェント待受ゲゲゲの鬼太郎
 ・レコメンド機能
感性型エージェント天気位置情報
感性型エージェント待受占い嗜好.gif
 β版サービス提供予定キャラクター
感性型エージェントキャラクター1
感性型エージェントキャラクター2



⇒ユーザーとのコミュニケーターが1対1の発想はいいですね。
 今の待受画面のソフトプッシュ情報(EZフラッシュニュース、
 au one ガジェット)と、ゴチャゴチャしているよりは
 シンプルでいい。

 ただ、サービス名が分かりにくい。
 一言でユーザーに伝わるサービス名にした方がいい。
 「au one 待ちキャラ」(笑)

 EZフラッシュニュース・au one ガジェットとの並存など
 課題はありますが、どれだけ使われるのか注目。
 2009年1月βリリースが楽しみ。




情熱大陸 世界初!野菜スイーツパティシエ 柿沢安耶さん

毎週刺激をもらってる情熱大陸ですが
今日は、野菜スイーツ パティシエ 柿沢安耶さん

野菜スイーツ パティシエ 柿沢安耶
柿沢安耶さん経歴ブログ

世界初の野菜スイーツ専門店ポタジエ」のオーナーシェフ

野菜スイーツ パティシエ 柿沢安耶

旬の野菜を使って、野菜そのもののの良さを活かすヘルシーなスイーツ

野菜を食べてほしい!ために、野菜スイーツを作った野菜大好き

子供たちの野菜離れや、見た目優先の野菜への危機感

選別され、捨てられていく野菜を活かす。
米だけじゃなく野菜も価格維持のために余剰分は捨てられている。
やっぱり農業政策はおかしいですね。
こういう動きから、世の中が変わっていくことを期待してます!


やっぱり、好きなことを好きなようにやれるのが一番
本当にいいものを作っていくのって、いいですね。


お店が中目黒と近いので、早速味わってこようと思います。楽しみ。
オーガニック野菜スイーツポタジエ

目黒区上目黒2丁目44−9
大きな地図で見る

旬な野菜をもっと食べよう!



| 1/6PAGES | >>